【2022年最新版】WordPress投稿の基本の使い方を解説!とりあえず投稿できるようになる!

2022.01.08 2022.01.05

WordPress(ワードプレス)でサイトを作成したはいいものの、「普段パソコンなんて使わないからどうしていいかわからない」「ずっと前に使っていたときと使い方が変わっていてわからない」と感じている方も多いのではないでしょうか?

せっかく情報発信できるツールがあるのに使わないのはもったいないですよね。

他のサイトを見ていても、お知らせ欄に数年前の投稿が残っているサイトがあったりしますが、「活動していないのかな」という印象を与えてしまいます。

サイトで情報を更新していけば、お客様や取引先の方に活発に運営している印象も与えられますし、必要な情報も届けることができます。

最低限のポイントを押さえるだけでも十分使うことができますよ!

この記事では、投稿するのに最低限必要な知識を紹介しているので、この記事を読んで一度試してみてください!

WordPressは投稿ページを簡単に作れるツール

WordPressとは、専門知識がなくてもお知らせやブログの投稿記事を簡単に作成することができる便利なツールです。

カスタマイズ性に優れており、プラグインというオプション機能を使えばいろいろな機能を追加することができます。

ここではWordPressの一番の特徴である記事投稿機能のうち、誰でも簡単に投稿を作成できる方法についてご紹介します。

また、WordPressでサイトを利用するには「テーマ」と呼ばれるものが必要です。

あなたのサイトにも何かしらのテーマが入っており、テーマはそれぞれ作りが違うため、デザインやできること・できないことも違います。

よってこの記事で紹介しているものと、操作方法やデザインが異なる場合もありますのでご了承ください。

お困りの際は担当のWeb制作会社に問い合わせてみましょう。

WordPressにログインする

WordPressは、インターネット上でログインをすることで記事投稿することが可能です。

WordPressへのログインには下記の3点を用意しましょう。

不明な場合は、サイトの制作者に問い合わせれば判明します。

  1. ログインURL
  2. ユーザー名またはメールアドレス
  3. パスワード

ログインURL

あなたのホームページのURLの最後に「/wp-login.php」または「/wp-admin」をつけたものです。

例えば、下記のようになります。

ホームページのURLhttps://○○○○.com
管理画面のURLhttps://○○○○.com/wp-login.php
もしくは
https://○○○○.com/wp-admin

上記の管理画面のURLをブラウザのアドレスバーに入れて、Enterを押すと上記のような画面が出てきます。

もし正しいURLでも出てこなかった場合は、特別にログインURLを変更してあるか、そもそもWordPressで作成されていないかのどちらかです。

ユーザー名またはメールアドレス

こちらは予想しようがないので、ホームページの制作者に問い合わせましょう。

パスワード

こちらも予想はできないためホームページの制作者へ問い合わせます。

もしパスワードだけわからない場合は、ログイン画面下の「パスワードをお忘れですか?」をクリックしパスワード変更手続きをします。

サイトに登録されている管理者メールアドレスに連絡が来るはずですので、その記載に従ってパスワードを変更してください。

無事ログインに成功するとこのような画面が開きます。

投稿詳細画面をひらく

投稿画面を開きます。左のバーの中から、押しピンマークの「投稿」をクリックします。

もし、サンプル画面のように、押しピンマークで「ブログ」「実績」など違うものがある場合があります。

あなたのホームページが制作会社など誰かに作ってもらったものなら、どこから投稿すればいいか確認しましょう。

一般的には「投稿」で問題ありません。

「投稿」をクリックすると、過去に投稿された記事の一覧が表示されます。

投稿の新規追加

投稿を新しく作る場合は、左上の「投稿」の横にある「新規追加」のボタンをクリックします。

もしくは、左のバーの「投稿一覧」の下の「新規追加」からでも可能です。

投稿の編集

既に作成している投稿を修正する場合は、一覧画面でその記事のタイトルをクリックします。

すると、その記事の編集画面が開くので、そこから必要箇所を修正します。

投稿の削除

一度作成した投稿を削除する場合は、下記の2通りの方法で削除することができます。

1つだけ削除

  1. 削除したい投稿のタイトルにカーソルをあてる
  2. 「ゴミ箱へ移動」をクリック

複数同時に削除

  1. 削除したい投稿のタイトルの横にチェックを入れる
  2. 投稿一覧の上下にある「一括操作」をクリックして「ゴミ箱へ移動」をクリック
  3. その横の「適用」をクリック

上記の方法で削除された投稿は、「ゴミ箱」に入り、サイト上に表示されません。

「ゴミ箱」の投稿はサイトには表示されませんが、WordPressでは完全に削除されず、また復元できる状態にあります。

「ゴミ箱」でタイトルにカーソルをあて、「復元」をクリックすれば下書き状態の投稿として「すべて」に戻ってきます。

「完全に削除」をクリックするとWordPressからもさっぱり削除することができます。

アイコンの見方

ここでは最低限必要なボタンやアイコンについて解説します。

①投稿一覧画面に戻ります。編集した投稿を保存していないと、「このページを離れますか?」というポップアップが出ます。

編集内容を保存するか、保存しない場合は「このページを離れる」を選択します。

②タイトルと本文はここに入力します。

➂投稿を下書き保存します。下書き保存では作業中の投稿を保存することができます。サイト上に公開はされません。

④投稿を公開する前に、サイト上で見たらどのように表示されるかを確認することができます。

⑤公開をクリックするとサイト上に表示できます。

投稿内容を作成する

タイトル

投稿のタイトルは、サイトの投稿一覧ページでも表示されるところです。

見ただけで投稿の内容がわかるようなタイトルをつけるとよいでしょう。

アイキャッチ画像

投稿一覧ページで、投稿のタイトルとともに画像が表示される場合は右側の「アイキャッチ画像」から設定できます。

右側のエリアが表示されていない場合は、画面右上の歯車アイコンをクリックすると表示されます。

グレーの「アイキャッチ画像を設定」をクリックすると、ポップアップが開きます。

画像をWordPressへ新しくアップする場合は、「ファイルをアップロード」タブを選択します。

アップしたい画像をドラッグアンドドロップするか、「ファイルを選択」から画像を選択し、右下の「アイキャッチ画像を設定」をクリックします。

すでにWordPressにアップした画像を選択するには、「メディアライブラリ」タブを選択し、該当画像を選択して、右下の「アイキャッチ画像を設定」をクリックします。

本文

投稿の本文を入力します。見出しをつけたり画像を貼るなどして、見やすく工夫しましょう!

文章の装飾の仕方は次の項目で紹介しています。

カテゴリーの設定

カテゴリーとは、その投稿が属するグループのようなものです。

例えばファッションでいうと、「メンズ」「レディース」「カバン」「靴」などです。

カテゴリーを設定することで、読者が欲しい情報を早く見つける手助けになるかもしれません。

右のエリアの「カテゴリー」をクリックすると、登録済のカテゴリーが表示されますので、登録したいカテゴリーにチェックを入れます。

新しいカテゴリーを追加するときは、「新規カテゴリーを追加」をクリックし「新規カテゴリー名」に新しいカテゴリー名を入力、「新規カテゴリーを追加」をクリックします。

本文の装飾

本文を作成していくにあたって、「ブロック」という言葉がありますのでまずこれについてご説明します。

「ブロック」とは、本文の中のひとかたまりのものを指します。

それはテキストだったり、画像だったり、YouTubeなどのコンテンツだったりといろいろです。

例えば長いテキストでも、Enterを押すとそこまでがひとつのブロックとして生成されます。

そのブロックをドラッグして位置を移動させたり、ブロック同士の間にブロックを挿入したりして本文を作って行くイメージです。

本文では、本文右側の黒い四角にプラスが入った「ブロックの追加」ボタンをクリックすると、テキストブロックや画像ブロックを作成することができます。

「ブロックの追加」ボタンは本文を作成中にEnterを押すと現れます。

もしくは画面左上の青い四角にプラスのボタンをクリックしても追加可能です。

テキストを入れる

「ブロックの追加」ボタンから「段落」をクリックします。

もしくは、そのままテキストを入力していくことでも可能です。

画像を入れる

「ブロックの追加」ボタンから「画像」をクリックします。

新しい画像なら「アップロード」、既にアップしている画像から選ぶなら「メディアライブラリ」をクリックして「メディアライブラリ」タブから選択します。

画像を中央寄せにする

画像の幅が狭くて、中央寄せにしたいこと結構あると思います。

そんな時は、挿入した画像をクリックして「配置を変更」ボタンをクリック、「中央寄せ」を選択します。

見出しを入れる

「ブロックの追加」ボタンから「見出し」をクリックします。

普通のテキストより大きな文字で表示されます。上部に「H2」と表示されていますが、これは見出しの階層上の大きさを指しています。

H2が一番大きな(上位の)階層の見出し、H3、H4、と数字が上がるにつれ小さい(下位の)階層となり、デザイン上も見出しの文字が小さくなります。

大見出しをH2、その中の小見出しをH3で設定すれば間違いないでしょう。

太字にする

テキストを入力している際に出ているメニューの「B」をクリックすると太字になります。

太字をBoldというので、Boldの「B」ですね。

一部のみ太くしたい場合は太くしたい部分を選択して「B」をクリックすると、そこだけ太字になります。

リンクを貼る

他サイトのURLを貼りたいときは、「ブロックの追加」ボタンから「埋め込み」をクリックします。

貼りたいURLを入力して「埋め込み」ボタンをクリックすると、サイトで公開した際に上手く情報を拾ってきていいかんじに表示してくれます。(対応できない場合もあり)

YouTubeを貼る

「ブロックの追加」ボタンから「YouTube」をクリックします。

貼りたいYouTubeを開き、URLをそのままコピーして、「埋め込むURLをここに入力…」にペーストし、「埋め込み」をクリックします。

投稿の修正

作成したあとに、間に画像を入れたい!テキストを追加したい!ということはよくあると思います。

そんな時でもブロックを移動させるだけで簡単に編集が可能です。

場所を移動させる

移動させたいブロックをクリックし、上のメニューで6つの点が2列に並んだ「ブロックをドラッグ」ボタンの位置にカーソルをもっていきます。

カーソルが手のかたちになった状態でドラッグすると、そのブロックを動かすことが可能です。移動させたい位置までドラッグし、離すと移動完了です。

ブロックを削除する

削除したいブロックをクリックし、上のメニューで3つの点が縦に並んだ「詳細設定」ボタンをクリックします。

一番下の「ブロックを削除」でブロックごと削除可能です。

投稿の公開手順

投稿を書き進めたら、内容を保存しましょう。

いきなり公開することも、下書きとして置いておくことも可能です。

投稿を公開する

右上の「公開」ボタンをクリックします。「公開してもよいですか ?」と表示され、そのまま「公開」を押せば即時でサイトに反映されます。

もし日時を指定して公開したい場合は、「公開:今すぐ」をクリックして公開したい日時を設定しましょう。

プレビューで確認する

「プレビュー」から、「新しいタブでプレビュー」をクリックすると、実際に公開するとどのようになるかを確認することができます。

まだ保存も公開もされていない状態ですので保存は忘れずに。

下書き保存する

書いている途中で、まだ公開しない場合は「下書き保存」で保存します。

サイトには一般公開されません。

下書き保存したものを公開する

投稿一覧から該当の投稿タイトルをクリックし、編集画面を表示します。

追加の編集が必要でなければそのまま「公開」をクリックすればサイト上でも見られるようになります。

まとめ

今回は、とりあえず投稿ができるようになることを重視し、WordPressで投稿を作成するのに最低限必要な事項をご紹介しました。

もちろんもっと便利な機能や使い方があるので、気になった方は「WordPress 投稿 使い方」などで検索してみてください。

簡単なところからでも、続けてみると慣れていくので、投稿するのが楽しくなりますよ!

テーマによっては、対応していなかったり、デザインが異なっていたりするので、ご相談がありましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。

WRITER

コロ

LIFE TIME 代表のコロです!お客様に役立つコンテンツを日々配信しております!

あなたにオススメのブログ

CONTACT